プロフィール

トリニティ・アイリッシュ・ダンス

トリニティ・アイリッシュ・ダンス

Trinity Irish Dance Company

1979年トリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスとしてシカゴに創設。主宰は、著名なダンサーで振付師、舞台演出家のマーク・ハワードであった。1987年アイルランドで行われた世界アイリッシュ・ダンス・コンクールでアメリカの団体として初めて優勝したのを始め、現在まで実に36度世界タイトルを獲得。1990年世界のさまざまな舞踏や音楽の要素を取り入れたプログレッシヴ・アイリッシュ・ダンスを発信させるため、ソロ世界チャンピオンを含む18歳から26歳のダンサー22名、ミュージシャン、スタッフを現名称で独立設置、ワシントンD.C.のケネディ・センター、ニューヨークのジョイス・シアター、シカゴのオーディトリアム・シアター等で公演を行ってセンセーションを巻き起こす。以来、全米、欧州のツアーは常にソールド・アウトを記録、日本の鼓童、ボストン・ポップス等とも共演を行っている。2008年、「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」に改称。

Mark-Howard

トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ケイト・ハドソン ハリウッド大スターのコーチとしても活躍

芸術監督 マーク・ハワード

Artistic Director Mark Howard

アイルランド人の両親のもと、イングランドのヨークシャーに生まれる。幼少時シカゴに移住、9歳からデネヒー・アイリッシュ・ダンス・スクールに学ぶ。北米選手権優勝の後、17歳でトリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスを設立、数々の世界大会優勝を果たす。「プログレッシヴ・アイリッシュ・ダンス」の思想の下に1990年にアイリッシュ・ダンス・カンパニー≪トリニティ≫を立ち上げ、これまで競技会中心であったアイリッシュ・ダンスをエンターテイメントの要素を伴う総合舞台芸術として昇華させたが、これが後続のリバーダンスやロード・オブ・ザ・ダンスの出現に影響を与えた。1991年「100名のアイリッシュ・アメリカン」に選出、1993年には米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞を獲得。現在、トリニティの芸術監督を務めるかたわら、『バックドラフト』『アメリカン・ビューティ』『ロード・トゥ・パーディション』等多くの映画、TV、舞台作品で振付を手掛ける。トム・ハンクス、ケート・ハドソン等大スターのプライベート・コーチとしても有名。

プリンシパル・ダンサー アリー・ダウティ

Principal Dancer Ali Doughty

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)出身。8才より地元のダンススクールでダンスを始めた。2012年にオハイオ州のデイトン大学へ進学すると同時に、アカデミー・イン・コロンバス・オハイオに所属を移し、国際競技会を多数参加。在籍中に2014年の世界選手権優勝の座を勝ち取った。大学卒業後、トリニティに参加し、現在は名門ノースウェスタン大学院で理学療法博士を専攻しながら、アイリッシュ・ダンスに情熱を注いでいる。

 

アリー・ダウティの練習風景‐「ソールズ」

リード・ダンサー マリッサ・ウルスター

Lead Dancer Marissa Wurster

5 歳でトリニティ・アイリッシュ・ダンス・アカデミーでダンスを始めた。ソロダンサーとして、アメリカ地 域大会で優勝、全米トップ 10 進出、また世界選手権予選 8 回を突破した。またチームダンサーとして、アイル ランドとスコットランドの世界選手権で2つの金メダル、1つの銀メダル、また1つの銅メダルを獲得した。 14 歳でトリニティ・アイリッシュ・ダンスで日本初のツアーに参加し、2018 年のツアーは彼女の 5 回目の来日とな る。現在はマーケット大学(米・ウィスコンシン州)在学中、生物医学と心理学を専攻。22 歳。

【マリッサ、華麗なステップ🌷】大阪のダンス教室でワークショップを行いました。マリッサ先生が魅せたアイリッシュ・ダンスをどうぞお楽しみください。

トリニティ・アイリッシュ・ダンスさんの投稿 2018年3月14日(水)

Musician ミュージシャン

ジェイク・ジェームス (フィドル、バウロン)
Jake James

ニューヨーク出身。オール・アイルランド・フィドル大会2度優勝したほか、バウロン(フレームドラム、アイルランド伝統楽器の一種)奏者、ダンサーなど、多彩な分野に才能を持つ。 3歳よりアイルランドダンスを始め、7歳の時にナイル・マリガンの下でフィドル、また13歳の時にイーモン・マレーの下にバウロンを学び始めた。 バウロンにおいては中大西洋地区フラー・キョール(アイルランド音楽コンクール)7年連続で受賞し、またフィドルにおいてはオール・アイルランド・フラー・キョール2回優勝した。今までに、フランクフォートのアメリカン・アイルランド・フェスティバル、アイルランド・アーツセンター、シンフォニー・スペース、BBングズ、ジョアニー・マッデンのフォーク・アイルランド・クルーズ、グレイシー・マンション(ニューヨーク市長 官邸)、カーネギーホールなど、様々な会場やイベントで演奏と指導を行ってきた。

Brendan-O'Sheaブレンダン・ オシェイ (ギター/ヴォーカル/作曲)
BRENDAN O’SHEA

アイルランド出身。90年代後半にアメリカに渡る。今やニューヨークのソングライター界での大御所となり、2枚のアルバムもリリースして世界各国の批評家とマスコミからの賞賛を受けた。アイルランド音楽の雑誌“ホット・プレス”は彼がリリースした“Be Here Still”を10点中8.5点と評価し、 XMラジオ放送のマイク・モローンは“今年最も気に入った録音の一つ”とコメントした。 彼の曲は、アカデミー賞にノミネートされた映画“バックドラフト”や、大成功を収めたカレン・ゲーレのドキュメンタリー作品“ベギング・ネイキッド”で耳にすることができる。ザ・フレイムス、ザ・スウェルシーズン、カウボーイ・ジャンキーズ、エリオット・スミス、インターポールをはじめとするミュージシャンと共演してきた。 2007年、ソングライターとして独立したアーティストを集め、それぞれが受け持つプロジェクトをサポートし合うというユニークな試みである“フェアプレイ・コレクティブ”の創設メンバーとなった。 2008年には、ニューヨーク市のイースト・ヴィレッジで成功を収めた世界中のミュージシャンが集まるスクラッチャー・セッションと呼ばれるサンデー・ナイト・コンサート・シリーズのホスト役を務め成功。現在、2011年にリリースされた“Songs From A Tenement”に続いて4枚目アルバムの発表に向け、作曲に取り組んでいる。

Christopher-Kulwinクリストファー・ クルウィン (ベース)
Christopher Kulwin

シカゴに生まれ、8歳の時にギターの演奏を始める。ピアノ、ドラム、アコーディオン、フィドルやその他の楽器も演奏するマルチ・プレーヤーとして育ち、ヒップホップ、クラシック、ロックに至るまで様々な音楽活動を全米で行っている。社会的文化活動にも力を注ぎ、 シカゴで最も著名なレコーディングスタジオの一つを所有するツリーハウス・コレクティブの創設メンバーでもある。 この他、あまり知られない風変わりな場所でコンサートを開くことで有名なシカゴの「DIYコミュニティー」にも参加した。

Steven-Rutledge1スティーヴン・ラトレッジ(ドラム)
Steven Rutledge

オレゴン州のポートランド出身。高校時代にはジャスバンド、吹奏楽、室内楽、劇場オーケストラに参加した。オレゴン大学へ進学し、社会学と教育学を専攻。
2010年にシカゴへ移し、コロンビア・カレッジ・シカゴの音楽学部へ入学。在学中に「シカゴで最も人気のドラマー」、トム・ヒプスカインドの指導の下で三年間学ぶ。2013年春、ドラム・セットとパーカッション・パフォーマンスの学士号を取得。現在はフリーランスのミュージシャンとして活動し、様々はライヴや録音に参加。また指導も熱心に行う。