プロフィール

トリニティ・アイリッシュ・ダンス

トリニティ・アイリッシュ・ダンス

Trinity Irish Dance

1979年トリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスとしてシカゴに創設。主宰は、著名なダンサーで振付師、舞台演出家のマーク・ハワードであった。1987年アイルランドで行われた世界アイリッシュ・ダンス・コンクールでアメリカの団体として初めて優勝したのを始め、現在まで実に18度世界タイトルを獲得。1990年世界のさまざまな舞踏や音楽の要素を取り入れたプログレッシヴ・アイリッシュ・ダンスを発信させるため、ソロ世界チャンピオンを含む18歳から26歳のダンサー22名、ミュージシャン、スタッフを現名称で独立設置、ワシントンD.C.のケネディ・センター、ニューヨークのジョイス・シアター、シカゴのオーディトリアム・シアター等で公演を行ってセンセーションを巻き起こす。以来、全米、欧州のツアーは常にソールド・アウトを記録、日本の鼓童、ボストン・ポップス等とも共演を行っている。2008年、「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」に改称。

Mark-Howard

トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ケイト・ハドソン ハリウッド大スターのコーチとしても活躍

芸術監督 マーク・ハワード

Artistic Director Mark Howard

アイルランド人の両親のもと、イングランドのヨークシャーに生まれる。幼少時シカゴに移住、9歳からデネヒー・アイリッシュ・ダンス・スクールに学ぶ。北米選手権優勝の後、17歳でトリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスを設立、数々の世界大会優勝を果たす。「プログレッシヴ・アイリッシュ・ダンス」の思想の下に1990年にアイリッシュ・ダンス・カンパニー≪トリニティ≫を立ち上げ、これまで競技会中心であったアイリッシュ・ダンスをエンターテイメントの要素を伴う総合舞台芸術として昇華させたが、これが後続のリバーダンスやロード・オブ・ザ・ダンスの出現に影響を与えた。1991年「100名のアイリッシュ・アメリカン」に選出、1993年には米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞を獲得。現在、トリニティの芸術監督を務めるかたわら、『バックドラフト』『アメリカン・ビューティ』『ロード・トゥ・パーディション』等多くの映画、TV、舞台作品で振付を手掛ける。トム・ハンクス、ケート・ハドソン等大スターのプライベート・コーチとしても有名。

Michael-Gardiner

プリンシパル・ダンサー マイケル・ガーディナー

Principal Dancer Michael Gardiner

4歳からコロラド州デンバーでアイリッシュ・ダンスを始める。 エラハタス西地区で4度の優勝を果たし、全米の競技会にも出場。2006年に、家族と共にゴールウェイのクレアリンブリッジに移り住み、ヘッション・スクール・オブ・アイリッシュ・ダンスへ入学。コノート選手権、グレート・ブリテン、全スコットランド、全アイルランド選手権をはじめとする多くの競技会でタイトルを獲得し、2年連続で世界チャンピオンに輝く。2015年、2度目の世界チャンピオンの座を獲得後競技会ダンスから引退。現在、自身の母校ヘッション・スクールで後進の指導に当たっている。 また、キルフェノーラ・ケーリー・バンド、フュージョン・ファイターズやリバーダンスとも共演するなど、アイリッシュ・ダンス界の新たなスターとして活躍している。

 

※当初来日を予定していたピーター・デジャークは怪我のため来日できなくなりました。代わりに、本公演ではマイケル・ガーディナーがプリンシパル・ダンサーを務めます。

Musician ミュージシャン

Katie-Grennanケイティ・ グレナン (フィドル)
Katie Grennan

ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。クラシック音楽ではヴァイオリニスト、アイリッシュ・ミュージックではフィドル奏者、そしてアイリッシュ・ダンサーとしても活躍する。ピッツバーグでもトップ・ダンサーとして、高く評価されている。ノートルダム大学にて会計学と心理学の学位を修得した後、シカゴを拠点とし、芸術分野で研鑽を積む。 トリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスで主任講師を務め、リズ・ キャロル、ジョン・ウィリアムズ、デニス・カーヒル、モーリス・レノンといった世界一流のアイリッシュ・ミュージシャンと共演。様々な活動を行う中でもアイリッシュ・ダンサーのために音楽を奏でることにとりわけ情熱を傾けており、 数多くのツアーに同行し、全米、ヨーロッパ、アジアを回る。 現在ピッツバーグにあるカーネギー・メロン大学でアート・マネジメント修士課程へ在籍している。フィドルでのソロ・ デビューアルバム“Between Worlds”好評発売中。

 

Christopher-Kulwinクリストファー・ クルウィン (ギター・作曲)
Christopher Kulwin

シカゴに生まれ、8歳の時にギターの演奏を始める。ピアノ、ドラム、アコーディオン、フィドルやその他の楽器も演奏するマルチ・プレーヤーとして育ち、ヒップホップ、クラシック、ロックに至るまで様々な音楽活動を全米で行っている。社会的文化活動にも力を注ぎ、 シカゴで最も著名なレコーディングスタジオの一つを所有するツリーハウス・コレクティブの創設メンバーでもある。 この他、あまり知られない風変わりな場所でコンサートを開くことで有名なシカゴの「DIYコミュニティー」にも参加した。

 

Paul-Marshallポール・マーシャル(打楽器)
Paul Marshall

北アイルランド出身のミュージシャン。 5歳でドラムの演奏を始め、アイルランドのフレーム・ドラムであるバウロンの演奏を専門としている。ディファレント・ドラムズ・オブ・アイルランドのバンドと共に世界中をツアーで回り、伝統的なドラムであるランベグドラムや、 アフリカのジャンベ等、世界各地のパーカッションを使い、国際的に演奏活動をしている。 また、“STOMP!”とエヴェリン・グレニーによるショーのために独自の楽器を制作した。10年間にわたり、トリニティ・アイリッシュ・ダンスで活動しており、米国だけでなく、ヨーロッパ・アジアでも演奏を行っている。

 

Brendan-O'Sheaブレンダン・ オシェイ (ギター/ヴォーカル/作曲)
BRENDAN O’SHEA

アイルランド出身。90年代後半にアメリカに渡る。今やニューヨークのソングライター界での大御所となり、2枚のアルバムもリリースして世界各国の批評家とマスコミからの賞賛を受けた。アイルランド音楽の雑誌“ホット・プレス”は彼がリリースした“Be Here Still”を10点中8.5点と評価し、 XMラジオ放送のマイク・モローンは“今年最も気に入った録音の一つ”とコメントした。 彼の曲は、アカデミー賞にノミネートされた映画“バックドラフト”や、大成功を収めたカレン・ゲーレのドキュメンタリー作品“ベギング・ネイキッド”で耳にすることができる。ザ・フレイムス、ザ・スウェルシーズン、カウボーイ・ジャンキーズ、エリオット・スミス、インターポールをはじめとするミュージシャンと共演してきた。 2007年、ソングライターとして独立したアーティストを集め、それぞれが受け持つプロジェクトをサポートし合うというユニークな試みである“フェアプレイ・コレクティブ”の創設メンバーとなった。 2008年には、ニューヨーク市のイースト・ヴィレッジで成功を収めた世界中のミュージシャンが集まるスクラッチャー・セッションと呼ばれるサンデー・ナイト・コンサート・シリーズのホスト役を務め成功。現在、2011年にリリースされた“Songs From A Tenement”に続いて4枚目アルバムの発表に向け、作曲に取り組んでいる。